HOME > 圧力計ガイド > 圧力について

圧力計ガイド圧力について

圧力について

流体の圧力の強さを表わす方法として一般に二つの表わし方があります。

一方は絶対圧力(Absolute pressure)と言われ、完全真空状態を基準に表わす方法で、もう一方はゲージ圧力(Gauge pressure)といい、大気圧を基準にしてその値を表わす方式であり、これらの間には次の関係があります。

[絶対圧力]=[大気圧]+[ゲージ圧力]、-[真空圧力]

大気の圧力とは我々地球上では空気におおわれており、その層は地表より約100kmの高さ迄達します。それゆえ空気の重さによって地表には相当の圧力が生じており、その値は標準状態において水銀柱で高さ約76cmの重さに相当する事が認められています。(Torricelli)
 これらの関係をわかりやすく図に示すと右図の様になり、図中A点は大気圧力より高い圧力でB点は低い圧力を示した例であります。

圧力の単位について

国際単位計(SI)の採用により、従来使用していました圧力単位(kgf/cm²)であります力の用語から、国際単位としてパスカル(Pa)の採用を決定したことであります。絶対単位系における基本単位となるM・S・K単位では、1kgの質量が1m/sec²の加速度となるベき力を1newtonと呼び
1newton=10 5dyn
ここで 1dyn=1gr.cm/sec²
で表わされ、
パスカル(Pa)=1N/m²となります。
地球上に存在する質量には全て重力(g)が働いているため
1kgf=9.80665N
となり 1kg/cm²=98066.5Pa
=98.0665kPa
=0.0980665MPa
で表わされます。 すなわち 1MPa=10.197162kgf/cm² となります。

圧力の単位

表1は、圧力計の単位ユニットを表わしたもので、国内で使用できる圧力単位は平成11年10月以降はパスカル(Pa)と計量法で決定されております。
日本工業規格(JIS)のブルドン管圧力計の圧力の単位は平成6年4月よりパスカル(Pa)を使用するよう決定されています。

INFORMATION

  • 圧力計ガイド
  • 企業情報
  • 認証取得番号
  • 圧力計目盛板図
  • 圧力計製品紹介

PageTop

MENU

お問い合わせ

お問い合わせ 本 社:06-6481-5721 東京営業所:03-3447-7548 メールでのお問い合わせ

製品紹介