HOME > 圧力計ガイド > 圧力計の規格 > 製作範囲

圧力計ガイド圧力計の規格

製作範囲

ブルドン管圧力計の大きさと弊社での製作可能範囲は、表8の通りです。

使用場所による区分

区分使用場所
一般圧力計油圧用、蒸気用、水圧用、車輛用、船舶用、ポンプ用
禁油圧力計酸素用、アセチレン用、水素用、食品用、窒素用、一般ガス用
特殊圧力計アンモニア用、耐アルカリ用、耐酸用、塩素用、塩化鉄用、接点警報装置付、
置針式、ステンレス計、微圧計、隔膜式圧力計、水高計

性能による区分

用途条件記号使用状況
普通形無し装備場所の環境は、JIS C 1804の環境区分のC、クラスC 1とし、その他の条件で使用するときは受渡当事者間の協定による
蒸気用M周囲温度が、10~50℃の場所に装備して使用するが、圧力媒体が運転開始時の水蒸気のような一時的な高温には耐えるものをいう
耐熱用H周囲温度が、最高80℃になる場所に取り付けて使用するものをいう
耐振用V耐振性を向上させたもの
蒸気・耐振用MV蒸気用及び耐振用の両方の特性をもつもの
耐熱・耐振用HV耐熱用及び耐振用の両方の特性をもつもの
動圧形K圧力が急激に加わり脈動が多い場合
グリセリン入無し耐振性、耐久性を向上させたもの

常用圧力

常用圧力の上限は、

  • 定圧力の場合、最大圧力の3/4(最大圧力が100MPa以上では2/3)
  • 変動圧力の場合、最大圧力の2/3(最大圧力が100MPa以上では1/2)
  • 真空圧力の場合、最大圧力

製品の呼び方

ブルドン管圧力計の呼び方は、規格番号又は規格の名称、測定圧力による種類、形状の記号、用途による記号、精度等級の記号、接続ねじの呼び、大きさ及び最大目盛による。

>目盛 へ

INFORMATION

  • 圧力計ガイド
  • 企業情報
  • 認証取得番号
  • 圧力計目盛板図
  • 圧力計製品紹介

PageTop

MENU

お問い合わせ

お問い合わせ 本 社:06-6481-5721 東京営業所:03-3447-7548 メールでのお問い合わせ

製品紹介